logo-idv ico_pp

「日本経済新聞」朝刊にて「Qlear(キュリア)転職」が紹介されました

メディア掲載履歴

■ヤフー、転職情報参入、成功報酬型で大手に対抗

(2012/12/01 日本経済新聞 朝刊 1ページ)

 ヤフーはインターネットを使った転職情報サービスに参入する。リクルートグループと共同で運営している「ヤフー!リクナビ」の終了に伴い、12月18日に独自の求人サイトを立ち上げる。転職が成立した場合に報酬を受け取る方式で顧客企業の負担を軽減、幅広く需要を取り込む。
2011年度のネット転職サービスの市場規模は410億円(矢野経済研究所調べ)。年率約10%で成長しているとされる。「ヤフー!ジャパン」の集客力を生かしリクルートなど大手に対抗。転職サービスの価格競争が激しくなりそうだ。

 ヤフーの求人サイトは「キュリア」。まずニーズが高いIT(情報技術)人材を求める約200社の求人を掲載する。転職成立で1人あたり70万円(税別)の成功報酬を企業から受け取る。
転職サイトは企業の広告で収入をまかなうのが一般的。カウンセラーが仲介する人材紹介会社では転職後の年収の数十%を企業が支払う。ヤフーは待遇の問い合わせや、募集案件の通知など求職者向け機能をシステム化し、料金設定を抑える。

 ヤフーは「ヤフー!リクナビ」から求職者をリクルートに誘導、共同出資会社でアルバイト求人サイトを運営し広告収入を分け合ってきた。転職サイトで過半のシェアを占めるリクルートはネット通販など自前のサービスを強化。ヤフーも求人事業のノウハウを得て提携のメリットが薄れたと判断したようだ。