logo-idv ico_pp

Webマーケティング担当者になったら知っておきたいWeb広告の種類

マーケティング

Webビジネスでは、ビジネス規模の拡大を狙うため、WEB広告の配信によるマーケティング施策を行うことが一般的です。

 しかし、事業会社でWeb広告の運用を行うにあたり、必ずしも経験のある人がアサインされるとは限りません。
 そこで、代理店に委託するにせよ、自社で運用するにせよ、WEBマーケティング担当者が抑えておきたい知識やポイントについて紹介したいと思います。

 まずは代表的なWEB広告の種類から見ていきましょう。

(1)検索連動型広告

 検索サイト(GoogleやYahoo!など)上で、「検索キーワード」をトリガーに表示されるWEB広告で、価格に応じて表示順位が決定する入札制がとられています。
 クリック毎に費用が発生するため、PPC(ペイパークリック)広告、やリスティング広告などと呼ばれます。

 検索サイトで情報を求める能動的なユーザーに対して、広告を配信できることから、非常に高い広告効果が期待できます。

 代表的な媒体にGoogle AdWords、Yahoo!スポンサードサーチなどがあります。

広告媒体例

(2)ディスプレイ広告

 サイト上に掲載されるWEB広告のことで、かつては特定サイトの特定位置に一定期間掲載するタイプの「純広告」が主流でしたが、現在は、複数の広告ネットワークを束ねる「アドネットワーク」や「DSP」での広告配信が主流となっています。
 アドネットワークであればGDN、YDN、i-mobile、nend、DSPだとMicroadBLADEやFreakOut!などが有名です。

 ディスプレイ広告は、近年、特定の狙ったユーザーにWEB広告を配信する、「ターゲティング機能」が充実しています。

 ターゲティングの方法は、広告配信会社各社で特色があり、Cookieという機能を利用し、一度訪問したユーザーに再度広告を配信するリターゲティング広告が一般的です。

 また、年齢や性別、興味関心といった内容から、天気や位置情報に至るまで、様々な情報をターゲティング要素として利用することもあります。

 さらには、自社の商品データとリターゲティング機能を組み合わせ、パーソナライズされた個別の商品を訴求する「ダイナミックバナー」と呼ばれる広告もあり、CriteoやHot View、nex8などが有名です。

 広告主はこれらの条件を組み合わせて、自社ターゲットに近い、特定のユーザーに向けてWEB広告を配信します。

WEB広告"

(3)アフィリエイト広告

 成果に対して報酬を支払う「成果報酬型」の広告となります。
 登場するプレイヤーは、広告主、広告を掲載するWebメディア、その2者を仲介するアフィリエイトASP会社、の3者となります。
 広告主の商材を、WEBメディアが紹介して成果が発生した際に、WEBメディアへの報酬とASP会社へのマージンの支払いが発生します。

 報酬金額は、資料請求など売上を伴わないものは1件あたり500円などの「定額型」、ECサイトなど売上を伴うものについては売上金額の3%などの「定率型」、といった価格体系とすることが多いです。

 アフィリエイト広告は、有力メディアとの提携によって大きく成果を伸ばすことも可能な反面、不正対策をしっかり行わないと、実態のない成果に対して費用を支払うことになるので、注意が必要です。

(4)ソーシャル広告

 TwitterやFacebookなどの、ソーシャルメディアで掲載されるWEB広告です。有力なソーシャルメディアでは、各社の保有するユーザー情報を活用し、個別の広告商品を開発しています。
 ソーシャルメディア各社の、独自のユーザーターゲティングを行うことで、他の広告媒体ではリーチすることのできないユーザーに、リーチすることが可能です。

(5)メール広告

 メルマガに掲載されるWEB広告で、会員のメールアドレスを保持している会社が提供している場合が多いです。会員情報を選択して配信することで、特定の狙ったユーザーに、リーチすることが可能となります。
 会員のアクティブ率やメールの開封率により、広告効果が増減します。

まとめ

 その他にも、RSS広告、ネイティブ広告、記事広告など、WEB広告は多数存在し、掲載場所や広告表現、課金体系などにより、分類の方法は多岐に渡りますが、まずは主要な広告媒体について簡単に紹介させて頂きました。
 WEBマーケティング担当者は、どれか一つだけの施策を行えば良いという訳ではなく、自社のビジネス特性に合わせ、複数の施策を並行して実施し、最適なポートフォリオを組んでいく必要があります。

執筆者プロフィール

WEBマーケティング戦略部に所属のF氏。福岡県出身。建設会社で2年、WEB広告代理店で7年間働いた経験から、建物の構造にちょっと詳しい。
お酒とアルコールが好物。体力面での不安から、休日は息子と遊ぶためにお酒を控えるようになった。