logo-idv ico_pp

インディバル営業職のリアル

セールス

img_column_sales20161003

「インディバル営業職のリアル」と名を打って、1日のタイムラインや考えていることをご紹介します。
考えていることとしては、気をつけていること、面白みに加え、辛い時自分を励ます方法も記載しました。

どんな働き方をしているのか、どなたかの参考になれば、うれしい限りです。

1)3名それぞれの属性
男性・30代前半・大阪在住・独身
男性・30代後半・東京在住・独身
女性・30代半ば・東京在住・既婚(子2歳・1歳)

2)3名のある1日のタイムライン(下記の通り)

画像

3)営業職としての共通点
・10~18時はオンタイムとして顧客のことを考える、接点を取る時間としている
・それ以外の時間で資料の作成などを行っている

4)仕事のことで気をつけていること
・求人(アルバイト)募集は水物と心得る(女性・東京)
・顧客、カスタマ、会社の3者のWIN関係の構築(男性・東京)
・顧客へのメリットの提供をすることで、継続性を高めること(男性・東京)
・時間帯別に優先度の高い項目を変更(女性・東京)
・10-18時のピュアセールスタイムは顧客接点の時間に振り向けること(男性・大阪)

5)仕事の面白み
・チームで一つの目標を追いかけているとき→最繁忙期である12月の月商を前年比200%で達成する!という途方もない目標を掲げ、1年間、目標に向けて喧々諤々妥協のないプロセスを踏んで、日々取り組んでいます(男性・大阪)
・困ったときに頼りにされること(女性・東京)
・顧客のニーズを解決できたとき(女性・東京)
・顧客の困っていることを掘り出して見つけたときの快感→更に、これらをどうやったら解決できるか考え出来た時にとても喜びを感じる(男性・東京)

6)仕事でつらいとき自分を励ます方法
・夫(別会社で営業課長をしている)に話を聞いてもらうこと(女性・東京)
・土日にアメフト(アメリカンフットボール)の練習をすること(ほかの運動はしない)(男性・東京)
・基本凹んでも寝て直るタイプw(男性・東京)
・今の苦境を笑っている一か月先、半年先の自分を想像する→仕事の悔しさは仕事で返す!しかないでしょうw(男性・大阪)

7)プライベートなこと
・23時前には就寝できるように努力(男性大阪)
・仕事以外の時間を最小化する(男性大阪)
・バタバタしているので何事も、締め切りが先でも前もって完了させる(30代女性)
・今は子どものことがどうしても最優先。割り切って自分自身のことはあとでと思っている(30代女性)
・母として妻としての最低限ということで、夕食は4品作ると決めている(30代女性)

以上、営業職の1日タイムラインと営業職として考えていることをご紹介しました。
どなたかの参考になれば幸いです。
このタイムラインは2016年9月末時点のものです。

執筆者プロフィール

男性・30代前半・大阪在住・独身
男性・30代後半・東京在住・独身
女性・30代半ば・東京在住・既婚(子2歳・1歳)