logo-idv ico_pp

心身の疲れ、癒されていますか?

others

ttl_img
最近よく『自律神経の乱れ』という言葉を耳にしたことはありませんか?この自律神経には体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2種類あります。不規則な生活やストレスによってこの2つのバランスが崩れることが『自律神経の乱れ』と言われています。

そしてこの働きが乱れると下記のように心と体にさまざまな不調が現れます。

01

・便秘
・下痢
・疲れやすい
・疲れがとれない
・めまい
・立ちくらみ
・不眠
・頭痛
・冷え
・動悸
・息切れ
・顔のほてり
・肩コリ
・食欲不振
・だるさ
02
・イライラ
・不安感
・疎外感
・落ち込み
・やる気が出ない
・ゆううつになる
・感情の起伏が激しい
・あせりを感じる

03
最近、私もこのような症状に悩まされることがあり、生活習慣や食生活を改善しようと心がけているのですが、そのなかでも自律神経を整え、疲労回復にも効果がある『半身浴をしながら~片鼻呼吸法』をオススメします。
片鼻呼吸とはそもそもヨガで取り入れられている呼吸法(ナーディ・シュッディー)で、文字通り片方の鼻を抑えて、口は閉じたまま右左交互にゆっくり息を吸ったり吐いたりする呼吸法です。
右鼻で呼吸すると左脳(交感神経)、左鼻で呼吸すると右脳(副交感神経)が優位になることで意識的に自律神経を整え、リラックスやストレス緩和の効果が得られるそうです。

04
ヨガといえば、アロマキャンドルでほのかな香りを漂わせ、照明を落とした静かなお部屋で行うイメージですが、38~40度のぬるま湯で半身浴をしながら 湯船につかると、体が温まり血行が良くなってリンパの流れも活発になるので、カラダの疲労回復が促進されます。また発汗することによって体内に溜まった老廃物が排出され、コリやむくみも改善されるので片鼻呼吸と合わせることで心もカラダもリラックスされます♪これからの季節は湯船にバスオイルを入れると全身の保湿ケアが出来て、乾燥対策にも効果的です!

05

現代人はスマホやパソコンにかなりの時間を費やし、これらの機器から発せられているブルーライトを見続けることによって交感神経が優位な状態になっている人が多いようです。スマホやPCを見る時間を少し短縮して、その時間を副交感神経が優位になるようにシフトしてみてはいかがですか?今日から是非、実践してみてください!

執筆者プロフィール

秘書。趣味は美容と健康。最近、【腸活】にハマっています。