logo-idv ico_pp
RECRUITMENT

採用情報

経営企画部 部長 片岡伸一郎

内外部環境を踏まえた全体戦略

インディバルは2012年7月、大きな業態転換を行いました。「世界中の人々が、ひとりでも多く働けるために」という理念のもと、これまでのアルバイト求人のみならず正社員、グローバルなどあらゆる人材領域に展開していきます。若年人口の減少や労働法規の改正などにより、求人業界を取り巻く環境は大きく変化していきます。また、ネットの普及、スマフォ等のデバイスの進化にともない、これまでの勝ちパターンでは通用しなくなってきています。そんな環境下でありますが、インディバルは、昨今拡がり始めた成果課金型の求人サービスを2004年に投入するなど、常に、次世代の人材マーケットを視野に入れたサービスを展開しています。目の前の果実は小さくても、将来大きな花が咲き、やがて、インディバルがスタンダードになるようなビジネス展開をしていきます。

新規事業の独自性・競合優位性・実現性

新規サービスは、オリジナリティがないと意味がないと考えます。その日に働けるバイトが探せる「ショットワークス」、曜日と時間が選べる「シフトワークス」は、いずれも、現在でも他社にない価値を提供しています。今年11月に大規模なリニューアルをした「キュリア転職」は、離職率や平均残業時間等、通常企業があまり公開していない情報30項目を「取材情報」として掲載。これにより、本当に納得・理解して、後悔しない転職の実現をはかります。 新規事業は、世の中の課題の数だけその機会があると考えます。それを解決するためのサービスを、吟味して、かつ、素早く提供していく。そして、より最高のものに仕上げていき、他社に対して圧倒的優位に立つ。それが、インディバルのスタンスです。

入社を希望されるみなさんへ

経営には正解がないといわれるように、会社選びにも正解も不正解もないと思います。自らが選んだ会社で、自分の成し遂げたいことを実現できるかが重要だと思います。インディバルは社名にある通り「個人の価値」を高めるためにある会社。自らの価値を高め、世の中の人々の価値を高めるようなサービスを提供したいと思う方であれば、腕を振るえる環境であると思います。

片岡伸一郎

2006年10月入社/経営企画(部長)